?>


Bodegas Francisco Casasボデガス フランシスコ・カサス

(内陸部地方 > トロ地区)

PDF

特徴

『DOトロ』
サモラ県の南に位置する、スペインでも重要なブドウの産地の中心にあるモラレス デ トロ(Morales de Toro)市にあります。
トロのワインは、すばらしい伝統があると言われています。
その起源は古代ローマの入植地でした。中世には高く評価されて王立の特権がたくさん与えられ、王立のワイナリーや、新大陸に渡った船は、この地のワインで満たされていました。
DOトロのワインは、果実味豊かで、色が濃く、タンニンがしっかりしていることで特徴づけられます。
テンプラニーリョのこの土地の変種である、ティンタ デ トロは、近年、この国のワイン愛好家に最も評価されているブドウの1つです。

ボデガス フランシスコ・カサスの畑は10ヘクタール以上の広さがあり、すべてワイナリーの周辺にあるので、同じ特質をもっています。
株の間隔は、根が競合し合わないよう3メートルで、伝統的な株仕立ての栽培法を使用しており、平均樹齢は50年です。
収穫はブドウが傷つかないよう20キログラムの小箱に手摘みします。
収穫に適した時期は、定期的に区画ごとのポリフェノールの熟成を管理して決めています。

『土壌と気候』
気候は、冬と夏の気温が極度に対照的な、大西洋の影響を受ける大陸性で、スペインの大西洋の影響を受ける地域と、地中海の影響を受ける地域を分けるラインあたる、ドウロ川の影響を非常に受けています。
過去35年の平均気温は12.7oC、夏の平均最高気温は29.6oCで、1月の平均最低気温は0.6oCです。
年間降水量はわずか363mm程で、11月と12月は比較的雨が降ります。夏季はほとんど雨が降りません。
土壌は、丸い石ころが含まれている固着性の砂状で、深い起伏があり、安定した質の高い収穫が得られます。この地の赤みがかった色は、昼の熱を蓄積し、後で夜間に畑を暖めるのに適していて、1ヘクタールあたり20ヘクトリットルの収穫があります。

『ワイナリーの歴史』 ワイナリーの父、フランシスコ カサス ゴメス(Francisco Casas Gomez)氏は、 19世紀の終わりに、ナバルカルネロ(マドリッド県)に産まれました。
若い頃から、この国のワインの販売を始め、1942年に会社を立ち上げました。これが今日のBodegas Francisco Casas S.A.の始まりでした。

彼の意思は、子孫に引き継がれファミリー4世代に渡って、マドリッドとトロのワイン産地で、最高のワインを造るために献身してきました。
ワインの提供の質をより高め、完全なものにするというビジョンを持ち、 1965年にトロのモラレス(サモラ県)に新しいワイナリーを取得しました。
その後、ワイナリーは改良をし続け、スペイン ワインのリファレンスになるまで成長しました。

さらに、Bodegas Francisco Casas S.A.のいくつかのブランドは、スペインだけではなく世界でも、高い品質であることが知られています。
ガルナチャをはじめ、名高いテンプラニーリョ(ティンタ デ ドロ)、トロのオリジナルの赤ワインのブドウ、マルバールのようなすばらしい品種をベースに、愛情と細やかな配慮によって造られた、香りのよいフルーティな白ワインから、フレッシュで芳しいロゼ、バランスのある豊かな味わいのある赤ワインまで、そのすばらしい品質は、世界のワイン市場においても、高い評価があります。
他にもDOマドリッドにもボデガを所有しています。

ワインリスト

Camparron Blanco カンパロン ブランコ
項目のトップへ

Camparron Blanco
カンパロン ブランコ

輝く濃い緑かかった黄金色でフルーティでフレッシュな香りがあります。
かすかに草を感じる若い風味で、スッキリと飲みやすい白ワイン。

DO Toro
トロ (サモラ)
ヴィンテージ 2014
ぶどう品種 マルバシア 100%
樹齢
土壌
醗酵・熟成 畑でブドウを選択し、14℃で3日間、低温マセレーションを行う。
出荷前に1カ月ボトルで熟成。軽くフィルターしている。
色・味のタイプ 白ワイン
容量 750ml
品番 505201
バーコード 8426065030080
価格 1,400円(税別)
その他の特徴 醸造家:エドゥアルド カサス(Eduardo Casas)、ルベン サンツ(Ruben Sanz)

Camparron Joven カンパロン ホベン
項目のトップへ

Camparron Joven
カンパロン ホベン

美しい若々しい赤色でチェリーのようなフルーティで力強い香りがあります。
たっぷりとしたタンニンがありバランスがよく、まろやかなフルボディの赤ワイン。

DO Toro
トロ (サモラ)
ヴィンテージ 2014
ぶどう品種 ティンタ デ トロ (テンプラニーリョ) 100%
樹齢
土壌
醗酵・熟成 畑でブドウを選択し、20℃で10日間、低温マセレーションを行う。
毎日管理を怠らず、出荷前に4ヶ月ボトルで熟成。軽くフィルターしている。
色・味のタイプ 赤ワイン:フルボディ
容量 750ml
品番 500830
バーコード 8426065030011
価格 1,400円(税別)
その他の特徴 醸造家:エドゥアルド カサス(Eduardo Casas)、ルベン サンツ(Ruben Sanz)

Camparron Crianza カンパロン クリアンサ
項目のトップへ

Camparron Crianza
カンパロン クリアンサ

やや熟成した感じのルビーレッドで、品種の持つ果実の香りに、品のある木の香りがはっきりとしている。
たっぷりとしたタンニンがありバランスがよく、まろやかなフルボディのコストパフォーマンス抜群の赤ワイン。

DO Toro
トロ (サモラ)
ヴィンテージ 2012
ぶどう品種 ティンタ デ トロ (テンプラニーリョ) 100%
樹齢
土壌
醗酵・熟成 畑でブドウを選択し24℃で10日間、低温マセレーションを行う。
アメリカンオークの樽で6~10ヶ月熟成後、出荷前に24ヶ月ボトルで熟成。軽くフィルターしている。
色・味のタイプ 赤ワイン:フルボディ
容量 750ml
品番 505375
バーコード 8426065030035
価格 1,700円(税別)
その他の特徴 醸造家:エドゥアルド カサス(Eduardo Casas)、ルベン サンツ(Ruben Sanz)


Loading

Contents

Shop

Site Link

twitter